2014/08/22(金)第17回戦

北海道日本ハム vs 埼玉西武

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  埼玉西武ライオンズ 0 0 4 1 2 0 0 4 0 11 12 1
  北海道日本ハムファイターズ 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 7 0

18:00試合開始|札幌ドーム
第17回戦 9勝6敗2分|快晴|観客数:21,297人

広報レポート<始まりはフォアボール>

8回、2塁への盗塁を決める西川選手
8回、満塁弾を打たれた直後のクロッタ選手

その瞬間は大きな痛手ではなかったかもしれません。しかし、イニングが終わったときには大きな負担としてのしかかることになりました。3回1死、メンドーサ選手は四球での出塁を許しました。それで歯車が狂い始めます。二塁打で先制を許すと、1死一、三塁となって左翼スタンドへ特大弾を浴びました。ベンチで見守った首脳陣、そして、もちろんメンドーサ選手自身が「痛かった」と振り返る一発。2回まで両チーム無得点で3回に失点した試合で今季一度も勝ちがないファイターズにとっては、最初の1点だけでも劣勢に立たされる状況でしたが、あっという間の4失点となると簡単に弾き返すことはできません。

小刻みに得点を奪われ、8回の守備が終わったときには0-11という展開になりました。ただ、簡単には終わらせない意地を見せられたのも見逃せません。8回1死から西川選手が2本目の安打となる中前打で出塁すると、2死二塁となって陽選手の内野安打と相手失策でホームイン。9回には先頭の大谷選手がフェンス直撃の二塁打を放ち、チームを鼓舞しました。今季6度目の2ケタ失点を喫したとはいえ、その次の試合では過去3勝2敗と“負の連鎖”を続かせない頼もしいデータはあります。大切なのは大敗した後の戦いぶり。勝率5割前後を行ったり来たりのチーム状態を打破するきっかけを掴むのは、今しかありません。

メンドーサ選手<4回0/3 78球 打者21 安打7 本塁打1 三振3 四球3 失点・自責点7>

先発のメンドーサ選手

「3回にホームランを打たれたのが大きかった。なによりリズムが悪かった。今日は不甲斐ないピッチングをして申し訳ない。次回はしっかり調整してリベンジしたいです。」

栗山語録

栗山監督

Q.7失点の先発メンドーサ選手に関して
「内容というより、この時期にこういう試合をしてはいけなかった」

Q.クロッタ投手が怪我から復帰後初登板をしました
「全力で投げてもらって、いけるか確認したかった。投げた後も問題なかったみたいでよかった」

Q.明日に向けて一言
「これだけやられれば悔しい。気持ちを切り替えないでこの悔しさを思いっきりぶつけてほしい。」