2015/03/27(金)第1回戦

北海道日本ハム vs 楽天イーグルス

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  東北楽天ゴールデンイーグルス 0 1 0 0 0 0 0 1 0 2 7 1
  北海道日本ハムファイターズ 0 0 0 0 3 0 0 2 X 5 7 0

18:15試合開始|札幌ドーム
第1回戦 1勝0敗0分|快晴|観客数:41,138人

広報レポート〈2015年、かく戦う〉

5回裏、ヒットを放つ近藤選手
開幕勝利を挙げ、マウンドでハイタッチを交わす選手たち

ギアが上がったところでのアクシデントにも、チーム内に大きな動揺が走ることはありませんでした。6回途中に先発・大谷選手が右ふくらはぎをつって降板。6回2死一、二塁の場面でマウンドを託された谷元選手が遊ゴロでしのぐと、その後も宮西、クロッタ、鍵谷、増井のリリーフ4投手がイーグルスに反撃を許しませんでした。「きょうは勝たせてもらいました」。5回2/3と志半ばでの交代を余儀なくされながらも今季初勝利を挙げた開幕投手は、頼れる先輩に敬意を表しました。思わぬ展開になったとはいえ、投手陣は“勝利の方程式”が全員揃って登板。そこで、しっかりとリードを守り切る継投を見せられたのは、大きなプラス材料となることでしょう。

攻撃陣は相手のミスに乗じて逆転とダメ押しに成功しました。中でも外国人選手がいきなり猛打を爆発。5回、ハーミッダ選手のチーム初安打からレアード選手が続き、近藤選手の右前打で相手の失策が絡んで逆転に成功。8回は西川、田中賢という1、2番コンビの連続四球からダメ押しの2点を奪いました。スタメン野手全員に守備機会があり、失策はなし。守備から攻撃へのリズムを作る戦いは、ファイターズが目指す野球そのものでもあります。

試合前、ロッカールームに全員が集まりました。3年ぶりに復帰し、周りがほとんど後輩となった田中賢選手は、こう言って選手を鼓舞しました。「若いチームだからこそ怖いものがない。今年のファイターズは攻めダルマでいこう!」。ミスを恐れず全員でがむしゃらに勝利を目指す。そして、誰かにアクシデントがあれば、全員でカバーする。それこそがファイターズ野球に他ありません。お立ち台に上がることが決まった大谷選手は「きょうは近藤さんと行かせてください」と話しました。その“ご指名”に近藤選手も応えてみせました。ヒーローインタビューで見せた2人の表情は、チーム全員の想いを代表したものです。2015年、熱い一年が始まりました。

先発投手コメント

先発の大谷投手

大谷投手
<5回2/3 92球 打者24 安打3 三振6 四球3 失点・自責点1>

「開幕戦ということで緊張しましたね。フォアボールでランナーを出してしまったんですけど、その後ノーアウト満塁からしっかり抑えられたのは良かったと思います。2ストライク後に粘られることも多かったんですけど、4回以降はインコースの真っ直ぐで早いカウントから打ち取ることができたので、悪い中でも収穫はあったと思います」

栗山語録

栗山監督

Q.開幕戦勝利を振り返って
「今日に関しては内容は別。どうしても勝ちたかったからよかった」

Q.先発大谷選手が6回途中を投げ勝利投手
「もっとちゃんと投げないといけないけど、スタートとしてはよかったね。姿を見せろと言ったけど、それがみんなに伝わったんじゃないかな」

Q.谷元選手、鍵谷選手が共にランナーを背負った場面での好投
「試合の分岐点があったけど、ほんと素晴らしかった」

Q.8回の攻撃時、田中選手、陽選手に犠打のサイン
「(田中)賢介にはバントのサインを出さないつもりだったけど。。。結果送れなかったけど、四球でなんとか塁に出てくれて。お陰で(陽)岱鋼にもバントのサインを出しやすかった。みんなで戦っていくぞっていう姿を感じられた」

Q.2015年も応援してくださるファンに一言
「こんなドキドキする試合を続けていきたいです。最後まで応援よろしくお願いします」