2016/10/23(日)第2回戦

広島 vs 北海道日本ハム

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  北海道日本ハムファイターズ 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 4 1
  広島東洋カープ 0 1 0 0 0 4 0 0 X 5 7 1

18:30試合開始|マツダスタジアム
第2回戦 0勝2敗0分|快晴|観客数:30,638人

広報レポート<合言葉は『もう一度、広島へ』>

今日唯一の得点を生んだ大野選手の一打
今日マルチヒットの中田選手

9回2死一、二塁。途中出場の岡選手が放った二塁へのゴロが一塁手のミットに収まり、無念のゲームセットとなりました。広島に乗り込んでの2試合でひとつも勝利を挙げられずに終了。しかも、2戦とも完敗に近い敗戦となり、いきなり追い込まれた格好になりました。

1点を勝ち越された直後の6回無死二塁で、先発・増井投手がバント処理で一塁に悪送球。そこから、この回だけで4点を奪われたことが致命傷となりました。打線も9回に先頭から連打でチャンスを作ったものの、全体で4安打と低調。攻守に渡り、元気のなさが目立つ広島での2試合に、栗山監督は「手を打ち尽くして負けるのは仕方ない。でも、手を打つところまでも行かなかった」と渋い表情を浮かべるしかありませんでした。

リーグ優勝チームとしては、クライマックスシリーズで負けるわけにはいきません。ホークスとの死闘を制したことには大きな意味があります。ただ、日本シリーズは決して“ボーナスステージ”ではなく、パ・リーグ代表としての誇りを見せる場。栗山監督は言います。「ここから何ができるのか。むしろ、『いよいよ』という気持ちなんだ」。切り替えではなく、厳しい現実をプラスにする。連敗スタートでもファイティングポーズを取り続ける気持ちに変わりはありません。そうやってリーグ優勝を成し遂げたのが、今年のファイターズなのです。

北海道に戻って戦う3試合。札幌ドームでの胴上げはなくなりました。しかし、広島のスタンドを真っ赤に染めたカープファンに負けない声援を、今度はファイターズファンが送ってくれるはず。合言葉は『もう一度、広島へ』。いまこそ、リーグ優勝で成長したチームの底力を見せるときです。

先発投手コメント

先発の増井投手

増井投手
<5回1/3 球数90 打者22 安打5 三振3 四球2 失点4 自責点2>

「想定してないこと(バスター)をやられて動揺してしまいましたね。そのあとのバント処理も自分のミスで傷口を広げてしまったので、もう少し準備をしておけば防げたかもしれません。とはいえ、試合はまだ終わってないので最後の最後までしっかり応援します」

栗山語録

栗山監督

Q.完全アウェーな中2連敗
「これも野球。こういった展開でもなんとか勝たなければならない」

Q.野村投手を攻略できず
「打てそうで打たされている嫌な感じだった。増井は緊張する中でよく投げてくれたし、もっと点を取れていれば・・・」

Q.明後日に向けて
「札幌に帰って1年間やってきた野球、ファイターズらしさを出すだけ。それができれば勝てるはず。まだまだこれから」