2017/04/04(火)第1回戦

千葉ロッテ vs 北海道日本ハム

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  北海道日本ハムファイターズ 0 1 0 0 1 0 4 0 0 6 9 0
  千葉ロッテマリーンズ 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 7 2

18:30試合開始|ZOZOマリン
第1回戦 1勝0敗0分|観客数:30,112人

広報レポート<ここがスタート>

プロ初打席初安打を放つ石井一選手
ヒットを放つ近藤選手

投手の足元でバウンドした打球は、二遊間を破っていきました。途中から二塁の守備に入っていた石井一選手は、9回2死一塁の場面で打席に立ちました。これがプロ初打席。そして、プロ初安打。開幕一軍の切符を手にしたルーキーは、満面に笑みを浮かべて記念のボールを手にしました。「ようやくスタートした感じです」。プロ野球選手としての第一歩を踏み出した瞬間でした。

石井一選手が個人としてのスタートを切ったとするならば、勝率5割に戻したチームはペナントレースのスタートを切ったとも考えられます。原動力の一端を担っているのが近藤選手です。開幕から4試合連続で5番打者として出場。開幕3連戦中の8打席連続出塁に続き、この日は決勝打となる勝ち越し適時打あり、ダメ押しの2点適時打あり、第2打席から4打席連続出塁でチームを勝利に導きました。ここまで21打席で16度の出塁と、驚異的な数字を残しています。打率1割台と低迷したオープン戦期間中も「いまは力を貯めていますから」と言い切っていた男。まさに、宣言通りの爆発です。

先発・高梨投手が制球に苦しみながらも6回途中1失点で試合を作れば、中継ぎ陣が無失点リレーで、今季初勝利をプレゼントしました。栗山監督は言います。「開幕からの1ヶ月は、いかに離されないでいけるか」。開幕4連勝したチームはありますが、地道に勝ち星を積み重ねることで、上位進出を虎視眈々と狙い続けます。

先発投手コメント

先発の高梨投手

高梨投手
<5回0/3 107球 打者25 安打5 三振7 四球4 死球1 失点・自責1>

「6回は(球数)100球を超えていたんですけど、任せてもらった以上、あそこは何としても抑えないといけませんでした。抑えてくれた谷元さんに感謝したいです。全体的に調子も悪くありませんでした。ただ、自分のボールを操れなかったので、結果的にボールやフォアボールが多くなってしまいました。リズムが悪いと攻撃へのリズムも悪くなってしまうので、そこは次回に向けて反省したいと思います」

栗山語録

栗山監督

Q.高梨投手が粘りながら投げました
「球数が増えていたけど、よく粘ってくれた。『すみません』って申し訳なさそうにしてたけど、ああいう風に最少失点で行くことが重要。谷元もそうだけど、ピッチャーがよく我慢して試合を作ってくれた」