2017/06/27(火)第10回戦

福岡ソフトバンク vs 北海道日本ハム

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  北海道日本ハムファイターズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0
  福岡ソフトバンクホークス 2 0 0 4 0 0 0 0 X 6 7 0

18:00試合開始|ヤフオクドーム
第10回戦 4勝6敗0分|観客数:34,004人

広報レポート<どんなときでも辛抱強く>

代打で登場する大谷投手
8回、二番手のエスコバー投手

またしても試合の流れを掴むことができず、2試合連続となる完封負けを喫しました。これで28イニング連続無得点。屈辱的な結果ではありますが、事実として受け止めるしかありませんでした。

流れを引き寄せるために勝負を仕掛けた3回の攻撃。中島卓選手が四球を選んで出塁すると、すかさず盗塁を試みました。しかし、僅かのタイミングでアウト。もし、この盗塁が成功していれば、無死二塁で流れは変わっていたかもしれません。8回にも6点ビハインドの先頭打者に大谷投手を代打に送りました。これも敗色ムードを払拭させる可能性を信じ、打って出た作戦だったことでしょう。流れを引き寄せるためには、莫大な労力が必要です。作戦は失敗にこそ終わりましたが、何もせずに終わるのと、持っている力を出し切るのとでは意味が違います。

勝負を仕掛けて失敗することは山ほどあります。1試合の中身だけでなく、143試合というシーズンの中で戦っていることを考えると、一筋縄で行くわけがありません。紆余曲折のストーリーがあるからこそドラマが生まれてくる。失敗から沢山のことを学び、反撃のときを待つしかありません。

先発投手コメント

先発の高梨投手

高梨投手
<7回 118球 打者31 安打7/本塁打3 三振5 四球3 失点・自責点6>

「フォアボールなどの細かいところはありますが、力不足だなと思います。向かっていく気持ちも最初から出さないといけない。3連戦の初戦を任せてもらったのに、いい流れを作れませんでした」

栗山語録

Q.1安打の完封負け
「一生懸命練習して、打てるように頑張る」

Q.高梨投手が3被弾ながら7回まで投げた
「いろんなことを感じたと思う。それが前に進む原動力になると信じるだけ」