2019/03/01(金)コミュニティ

《北海道シリーズ2019~WE LOVE HOKKAIDO》ユニフォーム、キャップ、ヘルメット掲出市町村名が決定

北海道日本ハムファイターズでは4月27日(土)から5月12日(日)まで実施する《北海道シリーズ2019~WE LOVE HOKKAIDO》におきまして、シリーズ限定ユニフォームの右袖、キャップ、ヘルメットに北海道179市町村応援大使が就任した北海道内の市町村名をつけてプレーすることが決定し、本日3月1日(金)、札幌市内で開催した「北海道179市町村応援大使プロジェクト2019年度決起集会」の中で掲出市町村を決める抽選を行いました。

今年も決起集会にご出席された18市町村の代表者が抽選会に参加。期間中に開催される札幌ドームのホームゲーム8試合で、下記の抽選結果にのっとり市町村名入りのユニフォーム等を着用します。

掲出市町村名

■「北海道シリーズ2019 WE LOVE HOKKAIDO」対象試合:全8試合

試合日 球場 対戦相手 ユニフォーム
(右袖)
キャップ ヘルメット
4月27日
(土)
札幌ドーム 北海道日本ハムファイターズ vs. 福岡ソフトバンクホークス 蘭越町 中頓別町 利尻町
4月28日
(日)
4月29日
(月・祝)
上川町
5月8日
(水)
北海道日本ハムファイターズ vs. オリックス・バファローズ
5月9日
(木)
鹿部町 増毛町
5月10日
(金)
北海道日本ハムファイターズ vs. 埼玉西武ライオンズ
5月11日
(土)
大空町
5月12日
(日)

なお、決起集会には応援大使に就任した38選手が市町村代表の皆様と一堂に会し、プロジェクトの成功に向けて親睦を深めました。選手を代表して中島卓也選手会長は「今年もそれぞれの市町村を訪問、応援していきます。皆さんとともに北海道を盛り上げていきましょう」と挨拶。18市町村を代表して、昨年9月の北海道胆振東部地震で被災したむかわ町の竹中喜之町長は「間もなく震災から半年を迎えますが、今年を福興(ふっこう)元年とし、チームには開幕から勢いよく驀進してもらい、秋には優勝パレードで勇気と感動をいただけたら」と話していました。

関連リンク

コミュニティ一覧へもどる ニュース一覧へもどる