2019/07/08(月)グッズ

「北海道クラフトシリーズ」第10弾 北海道産の「セン」の木材を使用したドアメロディと名刺ケースを発売

ここに画像タイトル(alt)記述

北海道日本ハムファイターズは、北海道のものづくりを応援する「ファイターズ北海道クラフトシリーズ」の第10弾として、北海道産の木材「セン」を使用した「ドアメロディ」と「名刺ケース」を、7月9日(火)より販売いたします。

今回コラボするのは1976年に創業し、北海道旭川市に本社を置く木製クラフトメーカーの株式会社ササキ工芸です。木の温もりを感じる手触りの良さや、見ていて、使っていて楽しくなるような遊び心がある商品製作にこだわっており、文具・食器・インテリア・おもちゃなど、幅広い商品をラインナップ。今回はササキ工芸の代表的な商品の「ドアメロディ」と「名刺ケース」をファイターズオリジナルデザインで製作しました。

商品概要

ドアメロディ

■ドアメロディ 6,800円(税別)

ドアに直接取り付け、開閉の振動で優しい音を奏でる室内用ドアチャイム。柔らかく優しい音色で、毎日のドアの開閉を楽しく演出します。フックの他に、裏面にはマジックテープ付きの両面テープが付いているので、平らな場所であればガラスなどへの取り付けも可能です。また、ドアだけでなく壁に取り付けてインテリアとしてもお楽しみ頂けます。

名刺ケース

■名刺ケース 2,500円(税別)

内部の木のバネが名刺を抑え、逆さにしても名刺が落ちないようになっています。一般的な厚さの紙で10〜15枚ほど収納可能です。名刺交換の際の話題作りに一役買ってくれます。

セン

木材はどちらの商品も北海道産の「セン」を使用しています。「セン」は全国で産出される木材ですが、そのうちの多くが北海道で産出され、北海道産が上質とされています。白い木肌と美しい木目がはっきりと出るのが特徴で、家具など幅広い用途で使用されています。ササキ工芸の木製品は、木の温もりを感じていただけるよう手触りの良さにこだわっており、独自の高い研磨技術によりしっとりとした肌触りに仕上がっています。

セン

製造の様子

木工の工程の中で、特に手触りの良さが生み出されるのが最終工程である研磨と塗装です。研磨では主にベルトサンダーというやすりが回転する機械を使用し、丸みを表現したり、表面の凹凸を滑らかにします。力加減が重要な作業で、職人が一つ一つ丁寧に研磨しています。その後、一度下塗りを施した後に再度研磨をし、細部の凹凸を職人の手によりきれいにします。塗装には「ウレタン塗装」を施しています。ウレタン塗装は表面に膜を作るため、温度や湿度の環境変化に強く、汚れや水気などもある程度はじくようになっています。長くご愛用いただくのに適した塗装です。

研磨の様子1
研磨の様子

研磨の様子2
研磨の様子

塗装の様子
塗装の様子

商品情報 ドアメロディ 6,800円(税別)
名刺ケース 2,500円(税別)
発売日・販売場所 2019年7月9日(火) 12:00
実店舗は各店営業時間から
備考
  • 商品は店舗によって取り扱い状況が異なります
  • 商品はなくなり次第販売終了となります

グッズ一覧へもどる ニュース一覧へもどる