2019/08/02(金)アカデミー

北海道×茨城県プロジェクト「常総アスリートキャンプ」へアカデミーコーチ派遣

北海道日本ハムファイターズは、7月24日(水)~26日(金)の3日間、茨城県常総市内(常総市きぬ総合公園、常総市水海道あすなろの里)で行われた「常総アスリートキャンプ」にベースボールアカデミー立石尚行コーチ、村田和哉コーチの2名を派遣しました。本件は、茨城県南西地域におけるスポーツを通じたエリアマネジメントプロジェクトの一環として常総アスリートキャンプ実行委員会と連携して行われたもので、総勢約80人参加の下、小学生を対象にした野球教室やアカデミーコーチによる講話などを実施しました。

グラウンドでの練習は筑波大学野球コーチング論研究室の大学院生が中心となりとアカデミーコーチとともに「体の軸の作り方や自分の体を知ること」から始まり、「コントロール良く投げるには?力強いスイングをするためには?」の質問に専門的な知見とプロの経験を合わせて参加した子ども達に分かりやすく伝えていました。

2日目(25日)の講話では、村田コーチから「失敗から学ぶことの大切さ」、立石コーチからは「目標に向かって一歩ずつ前に進むことが夢を叶える」とプロ野球での経験を交え、野球を通して感じたことや学んだことが伝えられ、子ども達は真剣な眼差しでメモを取りながら話を聞いていました。

“どんな時も元気に楽しく!”を合言葉に活気に満ちたキャンプを大学院生も「参加した子ども達からの積極的な質問から学ぶことも多かった。初めてあった仲間とともに野球や団体行動をすることでたくさんの刺激を受けてくれれば」と充実した顔で振り返っていました。

北海道日本ハムファイターズは、今後も本プロジェクトを通じて、茨城県南西地域の地域活性化に貢献してまいりたいと思います。

アカデミー一覧へもどる ニュース一覧へもどる