2019/11/24(日)イベント

ファンフェスティバル2019を開催

北海道日本ハムファイターズは11月24日(日)に札幌ドームでファンフェスティバル2019を開催しました。今年は「ファイターズ学園 オープンキャンパス」と題して、1年は清水優心選手、2年は上沢直之選手、3年は宮西尚生選手がそれぞれ学級委員長となり、年齢ごとに3学年に分かれて、さまざまな企画で競いました。綱引き(体育)では汗だくになりながら引っ張り合い、テーマ食材を使った料理対決(家庭科)では手早く調理する意外な一面を見せた選手も。お絵かき対決(芸術)でも独特のセンスを発揮するなどグラウンドとは違う表情を見せる選手たちに、34749人が詰め掛けた会場は大盛り上がりでした。

ファンフェスティバルの様子01

ファンフェスティバルの様子02

昨日、入団会見を終えた新入団選手も登場し、ファンの前でユニフォーム姿を初披露しました。ドラフト1位の河野竜生選手はプロ野球の舞台で戦う意気込みを「負けん気」と記し、「一番になれるように頑張りたい。若さを前面に出していきたい」と意欲十分の表情で話しました。

ファンフェスティバルの様子03

ファンフェスティバルの様子04

最終結果は1年生が勝利し、2年生の玉井大翔選手がMVPに輝きました。最後は栗山英樹監督が「選手たちが心の底から楽しんでいる顔を見ることができました。来年は、野球で選手たちが楽しんで喜ぶ顔をファンの皆様に見せられるように頑張ります」と力強く誓いました。

ファンフェスティバルの様子05

ファンフェスティバルの様子06

フォトダイジェスト

ファンフェスティバルの様子07

ファンフェスティバルの様子08

ファンフェスティバルの様子09

ファンフェスティバルの様子10

ファンフェスティバルの様子11

ファンフェスティバルの様子12

ファンフェスティバルの様子13

ファンフェスティバルの様子14

イベント一覧へもどる ニュース一覧へもどる