2016/10/29(土)チーム

ファイターズが10年ぶりに悲願の日本一!

《SMBC日本シリーズ2016》第6戦がMAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島で行われ、北海道日本ハムファイターズが10-4で広島東洋カープを下し、対戦成績を4勝2敗として優勝を飾りました。日本シリーズ制覇は1962年(前身の東映フライヤーズ時代)、2006年に続いて10年ぶり3度目。最高殊勲選手賞には6試合で3本塁打7打点と活躍したブランドン・レアード選手が輝き、優秀選手賞はアンソニー・バース投手西川遥輝選手中田翔選手の3名に贈られました。

史上初めて三大都市圏に本拠地を置かない球団同士の顔合わせになった今回の日本シリーズ。互いの本拠地で勝利を挙げ、ファイターズの3勝2敗で迎えた第6戦も序盤から点の取り合いになりました。1点を追う4回表無死一、二塁から田中賢介選手の右前適時打で追いつくと、2死二、三塁から第5戦にシリーズ史上2人目のサヨナラ満塁本塁打を放った西川遥輝選手が右越えに2点三塁打を弾き返し2点勝ち越し。同点とされた8回2死満塁には中田翔選手の押し出し四球、レアード選手の満塁本塁打などで6点を挙げ、一気に試合を決めました。

レギュラーシーズンでは首位と11.5ゲーム差をはねのけて4年ぶりのリーグ制覇を成しとげ、日本シリーズも2連敗のスタートから4連勝で頂点に。就任5年目で初の日本一をつかんだ栗山英樹監督は、選手たちの手で8度胴上げされ「離されてもあきらめない。チームは成長したと思います。(白熱した試合が続き)野球がおもしろいと改めて感じてもらえたらありがたいです」と語りました。さらに指揮官は「日本一でもまだ途中。明日から前に進みます」と続け、ファイターズでは過去達成していない日本シリーズ連覇を目指します。

チーム一覧へもどる ニュース一覧へもどる