2016/11/23(水)イベント

《ファンフェスティバル2016》に過去最多46,380人がご来場!

北海道日本ハムファイターズは11月23日(水・祝)、札幌ドームで《ファンフェスティバル2016》を開催しました。今年は〈GALALYMPIC~宇宙一はどっちだ!?〉と題して宮西尚生投手率いる投手チーム「スターズ」と大野奨太選手率いる野手チーム「ロケッツ」に分かれて『宇宙一』の称号をかけ、選手同士が白熱した戦いを演じたほか、様々な交流イベントやアトラクションを通じてファンの皆様に1年間の感謝の気持ちを伝えました。

氷点下6度を下回り、この冬初めて真冬日となった札幌でしたが、2008年の43,132人を上回る過去最多46,380人のご来場をいただき、札幌ドームの中は開演前から熱気に満ちあふれていました。フィールド上の各所でキャッチボールやハイタッチなどで選手やコーチと直接触れ合っていただいたほか、お立ち台「ヒーロー号」での記念撮影にミニ野球場での体験型アトラクションでもファイターズ選手の気分を味わっていただきました。

スターズ対ロケッツの対戦は互いに2勝ずつして迎えた最終種目「10種競技リレー」。両チームの勝利にかける熱い思いがぶつかり合って大いに盛り上がり、キャプテン同士の三輪車レースを制した宮西投手のスターズに凱歌が上がりました。サプライズゲストとして登場した北海道コンサドーレ札幌のFW都倉賢選手から優勝トロフィーが渡され、MVPには持ちネタの数々で笑いを誘った新垣勇人投手が選ばれました。

最後に大野選手が挨拶に立ち「すでに新しいシーズンが始まっています。連覇を狙えるのはファイターズただ一つ。今年より遥かに強いチームを作って日本一を勝ち取りましょう」とファンの皆様に呼びかけました。10年ぶり日本一の次に目指すは2006、2007年以来のパ・リーグ連覇、そして球団初の2年連続日本一。来シーズンも熱いご声援を宜しくお願いいたします。

フォトギャラリー

9月の月間MVP表彰を受ける増井投手

札幌ドームMVPは2年連続大谷投手

人権作文表彰式

共同募金サポーター勝利・ヒット募金

新人選手紹介

新加入の大田選手が挨拶

イベント一覧へもどる ニュース一覧へもどる