2018/07/01(日)ニュースリリース

主催試合ご来場者100万人突破のお知らせ

北海道日本ハムファイターズは本日7月1日(日)のオリックス・バファローズ11回戦(札幌ドーム)で、2018年公式戦観客動員の累計が101万6356人となり、主催36試合目で100万人を突破いたしました。多くの皆様のご来場に心より御礼を申し上げます。実数発表となった2005年以降、36試合目での100万人突破は2011年と同じで、2017年の35試合目に次ぐ2番目の早さとなります。
100万人目に来場されたのは小樽市にお住まいの秋田友和さんご一家。妻の夏苗さん、3姉妹の小和さん、色葉さん、風花さんの5人で来場されました。今シーズン4度目の観戦という友和さんは「100万人目ということを聞いて、驚きましたけど本当に光栄です。10年前からファイターズを応援していますし、子どもたちも大ファンです。ファイターズがクライマックスシリーズに進出して優勝することを願っています」と話していました。5回裏終了後、グラウンドでセレモニーが行われ、秋田さんご一家はフレップとポリーから記念品が贈られると、笑顔を見せていました。
これからも熱い声援よろしくお願いいたします。

ニュースリリース一覧へもどる ニュース一覧へもどる