2018/11/27(火)チーム

「NPB AWARDS 2018 supported by リポビタンD」で宮西投手、西川選手、近藤選手が表彰

日本野球機構(NPB)の年間表彰式「NPB AWARDS 2018 supported by リポビタンD」が11月27日(火)、東京都内のホテルで行われ、北海道日本ハムファイターズから宮西尚生投手西川遥輝選手近藤健介選手の3選手と、「ファーム表彰式」では渡邉選手が出席して表彰を受けました。

41ホールドポイントで2年ぶり3度目の最優秀中継ぎ投手賞に輝いた宮西投手は「岩瀬さんの1000試合を超えられるように、また来年は日本一を目指して頑張っていきたい」と、新たな誓いを立てました。44盗塁を積み上げて球団史上初めて2年連続3度目の最多盗塁者賞を受賞した西川選手は「来年はファイターズの選手が多く、この場に来ることができるように、自分も戻って来られるようにしたい」と、チーム全員の思いを代弁しました。

記者投票によるパ・リーグベストナイン(DH部門)を初受賞した近藤選手は、初々しく登壇しました。「打って、守って、走れるのが野球選手。(別部門で)ベストナインを獲得できるように頑張ります」と力を込めていました。表彰式の第一部として行われた「ファーム表彰式」には渡邉選手が出席し、イースタン・リーグ優秀選手賞を受賞しました。シーズン後半には一軍定着して、来シーズン以降への飛躍のきっかけをつかんだ1年でした。「来季はシーズンを通して試合に継続して出場できるように、オフの期間を大切にしていきます」と意欲十分。それぞれが2019年へ向け、気持ちを高めていました。

チーム一覧へもどる ニュース一覧へもどる