2018/12/19(水)チーム

台北市で王柏融選手が入団会見 背番号は99に決定

北海道日本ハムファイターズは12月19日(水)、台湾・台北市内のホテルで前Lamigoモンキーズの王柏融(ワン・ボーロン)選手の入団会見を開きました。契約期間は3年。200人を越える台湾と日本のメディアが詰め掛ける中、台湾球界で初めてポスティングシステム(入札制度)を利用した海外挑戦の道を選んだ王選手は、背番号99が入った真新しいファイターズのユニフォームに袖を通し、決意に満ちた表情で会見に臨んでいました。

王柏融 選手

「(台湾最南端の)屏東県で育った野球少年を追いかけ続けてくださったファイターズに深く感謝いたします。ファイターズは長きに渡り私に注目し、リスペクトし続けてくださいました。2016年日本一球団に加われたことにも感謝しかありませんし、パフォーマンスでその期待に応えてまいります。この後も『プレッシャーを持つ勇気』という言葉を胸に、活躍してまいりたいと思います」

Lamigoモンキーズ 劉玠廷 球団社長兼GM

「3年半前に入団し、3度の台湾一というたくさんの思い出を残してくれた柏融に感謝しています。ファイターズは日本で挑戦する上で最も適した球団。彼のために107ページもの資料を提出し、データ分析はもとより札幌のどこにおいしい台湾料理店があるかといった情報まで紹介してくれています。この挑戦はCPBL(中華職業棒球大聯盟)が世界に飛び出す扉を開き、後輩たちの模範になるもの。Lamigoはこれからも王選手の家族でありファンです。北海道へ行ってもさらなる活躍を願っています」

Lamigoモンキーズ 洪一中 監督

「3年半前の入団時にも台湾一の選手だと申し上げましたが、きょう私の目に狂いはなかったことが証明されました。NPBのレベルの高さを重々承知した上で、環境や文化に慣れ、プロに入った時と同じ気持ちでプレーしてくれるよう『初心忘るべからず』という言葉を送ります」

北海道日本ハムファイターズ 竹田憲宗 代表取締役社長

「偉大な選手がファイターズの一員になってくれたことを大変うれしく思うと同時に、快く送り出してくださったLamigo球団に感謝いたします。北海道は9月に大きな地震に見舞われました。被災地の皆さんとともに歩む中で、王選手の活躍を通じて北海道が少しずつ元気を取り戻していく様子を台湾の方々にも感じていただけたら幸いです。2023年にはアジアNo.1のボールパークが開業し、そこで躍動する姿が目に浮かびます。王選手の夢の挑戦を皆さんでぜひ後押ししてください」

北海道日本ハムファイターズ 栗山英樹 監督

「今の気持ちを一言で表すならば『非常幸福(フェイチャン シンフー=中国語でとても幸せの意)』。チームをはじめ、台湾のファンの皆さんは寂しいと思います。その気持ちが分かるだけに、一緒になって勝ち、さらに上(のレベル)に行ってもらえるよう最善を尽くします。かなり長い間見てきて、選手たちもプレーできるのを楽しみにしてきました。あまり心配せずに飛び込んできてほしいと思っています」

北海道日本ハムファイターズ 中田翔 キャプテン(VTR)

「王君、君と一緒にプレーできる日を待っていました。代表戦で間近で見てきてすごい選手だなと思ってきましたし、今は同じチームになることでわくわくした気持ちです。ファイターズはとてもやりやすい環境が整っているので、一緒に頂点目指して頑張りましょう」

質疑応答

―ファイターズではかつて陽岱鋼選手(現読売ジャイアンツ)が活躍していましたが、ご自身はどのようなプレーをしていきたいでしょうか
(王選手)慣れない環境ではありますが、まずは自分の体を健康な状態に持っていき、そこからしっかり成績を残していきたいと考えています。

―ファイターズは王選手と契約をして開幕メンバー入りなど、どのような起用を考えていますか
(栗山監督)もちろん一緒に春のキャンプをやってみてからになりますが、我々が思っている以上のものを持っているはずなので、必ずそうなる(メンバーに入ってくる)と信じて前に進みます。

―台湾人選手を獲得してPRやイベントなどの予定は決まっていますか
(竹田社長)ファイターズは企業理念に「Sports Community」を掲げていますので、北海道179市町村応援大使の活動に加わってもらったり、日本で事業展開している台湾の企業などともつながりを持って、王選手の存在を生かしていければと考えています。

―台湾で三冠王になり、獲りたいタイトルはありますか。ファイターズは呂明賜選手(元ジャイアンツ)やイチロー選手のようなインパクトを期待していますが
(王選手)まずは台湾でプレーしてきた時と同じようにコンスタントに試合に出て、その先にタイトルが見えてくればいいと考えます。呂さんやイチロー選手にたとえていただくのは光栄で、いつか自分もそうなれるように努力していきます。

―本塁打を打った後のポーズは決まっていますか。チームメートからはどう呼ばれたいか、考えをお聞かせください
(王選手)特に考えていなく、しっかりベースを4つ踏んで回ることだけ。会見前に栗山監督と雑談した時には「ボーロン」や「ロンロン」などが出ましたが、自分としてはどちらでも構いません。
(栗山監督)親戚は「ロンロン」と呼ぶそうなので、頭の中には「ロンロン」があります。

―2月に札幌ドームでファイターズと試合をしていますが、その時のイメージは
(王選手)その時は勉強する、雰囲気を味わうという気持ちでしたが、これからは台湾で試合に出ていた時と同じ気持ちで公式戦に臨みたいと思います。

フォトギャラリー

チーム一覧へもどる ニュース一覧へもどる