2019/01/09(水)チーム

新入団8選手の新人合同自主トレがスタート

北海道日本ハムファイターズ8選手の新人合同自主トレーニングが1月9日(水)、千葉県鎌ケ谷市のファイターズタウン鎌ケ谷で始まりました。

トレーニング開始時の気温が5度前後で風も強く、肌寒い天候でしたが、グラウンドに姿を見せた新入団選手ははつらつとした表情でランニングや、キャッチボールなどに取り組んでいました。グラウンドから室内練習場に移った後は、ゴロ捕球やティーバッティングなどのメニューをこなしました。ルーキーの練習を見守った栗山英樹監督は「けがをしないようにキャンプインに向けて準備をしてほしい。おれにとっては1年目も10年目も関係ない。勝負するんだという気持ちで練習から取り組んでほしい」と熱っぽく語りかけました。
観衆約700人、報道陣約80人が詰め掛けた初日。ドラフト1位の吉田輝星投手はファンの注目を集めながらも冷静に練習をこなしました。練習を終えると、「充実した練習ができました。同期のメンバーと練習できて楽しかった。(合同自主トレでは)自分のピッチングをしっかりやることと、体力づくりがテーマです」と力強い口調で話していました。

新人合同自主トレは1月下旬まで行い、2月1日(金)に始まる春季キャンプへ向けて心身ともに仕上げていきます。
新人合同自主トレーニングの休日は1月11日(金)、15日(火)、19日(土)、23日(水)、27日(日)

チーム一覧へもどる ニュース一覧へもどる