2019/06/28(金)チーム

新加入の吉川光夫投手、宇佐見真吾選手が入団会見

北海道日本ハムファイターズに新加入した吉川光夫投手、宇佐見真吾選手が6月28日(金)、札幌ドーム内で入団会見を行いました。背番号は吉川投手が「56」、宇佐見選手が「30」に決まり、ユニフォームに袖を通しました。

2016年までファイターズに所属し、3年ぶりの復帰となる吉川投手は「また北海道でプレーできる喜びを感じています。おかえりなさいの期待に応えられるよう自分のできることをしっかりして、チームの力になりたい」と抱負を語りました。

2015年にドラフト4位で読売ジャイアンツに入団し、プロ2年目には4本塁打を放った宇佐見選手は「バッティングが一番の売り」とアピールポイントを話し、「ファイターズは雰囲気が明るい印象。チームが変わり新たな気持ちで挑戦していきたいです」と新天地での活躍を誓いました。

会見に同席した栗山英樹監督は「2人の選手のトレードには色々な思いがあるが、優勝のためにどうしても来てほしかった。良い野球人生を歩ませる責任がこちらにはあるので、一緒になって何がなんでも優勝したい」と話し、後半戦での巻き返しに向けて、新戦力の加入を歓迎しました。

チーム一覧へもどる ニュース一覧へもどる