2020/08/24(月)ニュースリリース

「~北海道のトップアスリートと学ぶ~ English Catch Program」 道内スポーツチームが連携し英語教育補助教材を作成

北海道日本ハムファイターズはこのたび、北海道内8つのスポーツチームと連携し、英語教育用の動画素材を北海道教育委員会に提供しました。2020年度から小学校で教科としての外国語が始まることから、子どもたちの英語に対する関心を高めることを目的に、各学校やご家庭で活用できる補助教材を北海道教育委員会ホームページとYouTubeチャンネルに掲載していただくことになりました。
ファイターズからはニック・マルティネス投手ドリュー・バーヘイゲン投手杉谷拳士選手が出演。お互いの趣味や得意なことについて会話を交わすシーンや杉谷選手が出題するクイズに両投手が回答する場面のほか、英語を学ぶ大切さを伝えるメッセージなどを収録しています。

English Catch Program

▼掲載映像資料はこちらからご確認ください

北海道教育委員会 義務教育課

協力チーム・出演選手

【野球】
<北海道日本ハムファイターズ>ニック・マルティネス投手、ドリュー・バーヘイゲン投手、杉谷拳士選手
【サッカー】
<北海道コンサドーレ札幌>ジェイ・ボスロイド選手
【フットサル】
<エスポラーダ北海道>宮原勇哉選手、水上玄太選手
【バスケットボール】
<レバンガ北海道>ファイ・パプ月瑠選手、牧全選手
【バレーボール】
<ヴォレアス北海道>エド・クライン監督、田城貴之選手
【カーリング】
<ロコ・ソラーレ>藤澤五月選手、吉田知那美選手、鈴木夕湖選手、吉田夕梨花選手
【アイスホッケー】
<王子イーグルス>ハリデー慈英選手 <ひがし北海道クレインズ>河合卓真選手
【ラグビー】
<北海道バーバリアンズ> ベンジャミン・ウォータース選手、セル・ジョセ選手、吉田甲太選手、馬渕勝選手、小笹知美選手

ファイターズ選手からのメッセージ

■ニック・マルティネス投手

「英語を学ぶのはとても楽しいことだと思います。英語を身につけることで、将来の可能性も広がるはずです。さあ、ファイターズと一緒に勉強も頑張りましょう」

■ドリュー・バーヘイゲン投手

「北海道はとてもすばらしいところで、多くの人が海外から訪れます。英語で様々な国の人とコミュニケーションが取れたら相手に喜ばれるでしょうし、皆さんもきっと楽しいはずです」

■杉谷拳士選手

「英語を学ぶことで人とのつながりがどんどん増えてきます。僕もオーストラリアでの自主トレをきっかけに、英語で書かれた本を読み始めたり積極的に外国人選手とも会話するようになりました。北海道から世界へ羽ばたきましょう」

ニュースリリース一覧へもどる ニュース一覧へもどる