2021/12/20(月)チーム

前監督の栗山英樹氏がプロフェッサーに就任

北海道日本ハムファイターズでは12月20日(月)、前監督の栗山英樹氏が2022年シーズンからプロフェッサーに就任することが決まりましたので、お知らせいたします。2023年に「北海道ボールパーク Fビレッジ」の開業を控え、‘世界がまだ見ぬボールパーク’でプレーするにふさわしい選手づくり、チームづくりを推進していくために新設されたポストになります。

≪プロフェッサーとは≫

ファイターズは2022年から選手教育の改革に着手し、そのために新設するポストがプロフェッサーです。現役生活や監督としてチームを率いたプロ野球での経験、さらにはスポーツキャスター、大学教授として培った豊かな知見と類まれなキャリアに基づいて選手教育の指揮を執ります。プロフェッサー(教授)として選手を対象に定期的に講義行うなど、チーム強化の二大指針の一つである「育成」を推進。野球人としての人間形成をつかさどる役割を担います。

プロフィール

氏名:栗山 英樹(くりやま・ひでき)
生年月日:1961年4月26日
出身地:東京都
経歴:創価高-東京学芸大-ヤクルトスワローズ(1983年ドラフト外、1984‐1990)-白鴎大経営学部助教授/同准教授/同教授(2004‐)-北海道日本ハムファイターズ監督(2012‐2021)-野球日本代表・侍ジャパン監督(2022‐)

  • 白鴎大教授は現在休職中

栗山英樹氏コメント

「全身全霊を注いできたファイターズ、選手たちがこれから前へ進むために何ができるのかを真剣に考えて新しい役割と向き合います。監督としての10年間での気付きを生かし、光栄な肩書に応え、野球人形成の一助となれるように努めていきます」

チーム一覧へもどる ニュース一覧へもどる