2022/02/07(月)チーム

臨時コーチの赤星憲広氏が指導

阪神タイガースでセ・リーグ盗塁王5回、通算381盗塁と活躍された赤星憲広氏が、1軍名護キャンプ第2クール3日目の2月7日(月)、新庄剛志監督の招きで臨時コーチを務めました。走塁の極意を学ぶためファームからも5選手が招集され、4時間にわたり指導を仰ぎました。

赤星臨時コーチの指導01

赤星臨時コーチの指導02

走塁練習ではリードやラインの取り方、スライディングといった技術面だけでなく、塁上でのメンタリティーなどもアドバイスを受けました。バッテリーには「走りにくい投手、走りやすい捕手の仕草」も細やかに伝授。全体メニューが終わった後も細川凌平選手宮田輝星選手ら赤星氏に個別で助言を求める選手が相次ぎ、赤星臨時コーチは「気づいたらこんな時間になっていました」と笑顔で振り返っていました。

新庄監督と赤星臨時コーチ01

新庄監督と赤星臨時コーチ02

昨シーズンの9盗塁から大幅増を狙う五十幡亮汰選手は「一歩目の歩幅だったり滑る角度など、新たな発見がありました」と話し、武田勝投手コーチも「投球の間であったり、1球1球の変化でランナーにプレッシャーを与えていくのも投手の仕事だと勉強させられました」と納得の様子でした。自身初めての臨時コーチを終えて、赤星氏は「一日で大きく変わることは難しいと思いますが、開幕して苦しい時の引き出しになってくれたら。関わった以上、今年のファイターズに注目していきます」と期待を寄せていました。

チーム一覧へもどる ニュース一覧へもどる