2016/07/15(金)チーム

「マツダオールスターゲーム2016」大谷翔平投手がホームランダービーで優勝

「マツダオールスターゲーム2016」の第1戦が7月15日(金)、福岡ヤフオク!ドームで行われ、北海道日本ハムファイターズの大谷翔平投手が試合前のホームランダービーで優勝しました。初出場ながら緊張を感じさせないスイングでサク越えを連発。見事、賞金50万円と副賞を獲得しました。ファイターズの選手がホームランダービーを制すのは、2014年第2戦(甲子園球場)の陽岱鋼選手以来となります。

大谷投手は、スワローズ・山田哲人選手との対戦となった準決勝(1回戦)で6本塁打を記録して勝ち上がり、決勝ではホークス・柳田悠岐選手とのパ・リーグ対決に臨みました。先行の柳田選手は2本塁打。大谷投手はなかなかスタンドインさせられない中、1本差で残り1アウトというピンチを招きました。しかし、そこから2球連続で放り込み、劇的な“サヨナラ勝利”を飾りました。最後は左中間への一発。「最後に打ててよかった。投手としてファン投票で選んでもらったのに投げられなかったことは残念だけど、こういうところで盛り上げることができて良かった」と笑みを浮かべました。

チーム一覧へもどる ニュース一覧へもどる