2016/10/20(木)チーム

「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」交渉権獲得選手のお知らせ

「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が本日10月20日(木)、東京都内で開催され、北海道日本ハムファイターズは以下9選手の交渉権を獲得しましたので、お知らせいたします。

■1位指名選手
選手名 堀 瑞輝(ほり みずき)
生年月日 1998年5月10日(広島県)
ポジション 投手
投打 左投左打
身長・体重 177cm 72kg
所属(出身校) 広島新庄高校
寸評 最速150キロの左サイドハンド。切れのあるストレートと鋭いスライダーを制球良く操る。ピンチで集中力が増す強心臓の持ち主で、抜群のマウンド度胸を誇る。甲子園ベスト16、U-18アジア選手権では好救援でチームを優勝へ導いた。
■2位指名選手
選手名 石井 一成(いしい かずなり)
生年月日 1994年5月6日(栃木県)
ポジション 内野手
投打 右投左打
身長・体重 180cm 77kg
所属(出身校) 早稲田大学(作新学院高校)
寸評 攻守にバランスの取れた遊撃手。軽快なフットワークと強肩を武器に、安定感のある高い守備力を誇る。ヘッドの効いた打撃にも魅力があり、レギュラー候補の内野手として期待がかかる。東京六大学では、大学3年の春にベストナインを獲得。キャプテンとしてチームを引っ張る。
■3位指名選手
選手名 高良 一輝(たから かずき)
生年月日 1994年6月25日(沖縄県)
ポジション 投手
投打 右投右打
身長・体重 178cm 78kg
所属(出身校) 九州産業大学(興南高校)
寸評 オーバーハンドから140キロ中盤の角度あるストレートを制球良く操る大学生右腕。マウンドさばきが良く、ストレートを速く見せる投球術にも長ける。総合力の高い先発候補。
■4位指名選手
選手名 森山 恵佑(もりやま けいすけ)
生年月日 1994年5月2日(富山県)
ポジション 外野手
投打 左投左打
身長・体重 188cm 92kg
所属 専修大学(星稜高校)
寸評 大学球界屈指の飛距離を誇る大型スラッガー。今春リーグ戦では、神宮球場のバックスクリーンへ140メートル弾を叩き込んだ。高校時代は大型左腕として注目されたが、大学で野手に転向。星稜高校出身の“ゴジラ2世”。
■5位指名選手
選手名 高山 優希(たかやま ゆうき)
生年月日 1998年5月17日(大阪府)
ポジション 投手
投打 左投左打
身長・体重 181cm 78kg
所属(出身校) 大阪桐蔭高校
寸評 最速150キロの高校生左腕。ゆったりとした投球フォームから球筋の良いストレートと切れのある変化球を投げ込む。スラッとした体型と長い手足に将来性を感じさせる。潜在能力を秘めた逸材であるとともに、端正な顔立ちをしたスター候補。
■6位指名選手
選手名 山口 裕次郎(やまぐち ゆうじろう)
生年月日 1998年5月14日(大阪府)
ポジション 投手
投打 左投左打
身長・体重 180cm 87kg
所属(出身校) 履正社高校
寸評 最速145キロのスリークォーター左腕。出どころの見えにくいフォームから繰り出す力強いストレートと曲がりの大きいスライダーが武器。がっちりとした体格でスタミナもあり、エース寺島投手と二枚看板で今夏の甲子園に出場した。
■7位指名選手
選手名 郡 拓也(こおり たくや)
生年月日 1998年4月25日(東京都)
ポジション 捕手
投打 右投右打
身長・体重 178cm 76kg
所属(出身校) 帝京高校
寸評 走れる強肩捕手。遠投120メートルの強肩と50メートル6.0秒の脚力を誇る。今夏の東東京大会では1イニングで二盗、三盗、本盗のサイクル盗塁を記録するなど野球センスにあふれる。担当スカウトは、身体能力の高さに加えて気持ちの強さとリーダーシップを評価している。
■8位指名選手
選手名 玉井 大翔(たまい たいしょう)
生年月日 1992年6月16日(北海道)
ポジション 投手
投打 右投右打
身長・体重 178cm 78kg
所属 新日鐵住金かずさマジック(旭川実業高校
―東京農業大学北海道オホーツク)
寸評 バランスのよい投球フォームから制球力を武器に、140キロ台中盤のストレートと多彩な変化球をコーナーにテンポよく投げ込む。ひたむきに鍛錬を積み重ね、着実に力をつけてきた道産子右腕。大学ではファイターズの井口和朋投手、社会人では加藤貴之投手と同僚だった。
■9位指名選手
選手名 今井 順之助(いまい じゅんのすけ)
生年月日 1998年5月25日(岐阜県)
ポジション 内野手
投打 右投左打
身長・体重 177cm 88kg
所属(出身校) 中京高校
寸評 高校通算68本塁打を誇る長距離砲。今夏の甲子園大会に出場し、気持ちよいまでのフルスイングで存在感を見せつけた。担当スカウトは野球に取り組む姿勢を高く評価し、プロ入り後の成長に大きな期待を寄せる。父・茂さんは元プロ野球選手。母・成美さんはプロゴルファー。
 

■栗山英樹監督コメント

「理想的でした。あれだけの人数を指名できるというのは、それだけ欲しい選手が残っていたということだから。1位の堀投手はどういうときでもコースに投げられるし、指にかかれば150キロに近いボールもある。ファイターズとしては左投手が最重要課題だったし、欲しかった選手。縁を感じます」

ドラフト情報2016

チーム一覧へもどる ニュース一覧へもどる