2016/10/21(金)チーム

マツダスタジアムで最終調整。明日いよいよ日本シリーズが開幕!

北海道日本ハムファイターズは2006年以来、10年ぶりの日本一をかけ、明日10月22日(土)から広島東洋カープと《SMBC日本シリーズ2016》を戦います。決戦を前にカープの本拠地マツダスタジアムで16:00から約2時間半、熱のこもった全体練習が行われました。

両チームの監督会議参加後、記者会見で栗山英樹監督は「今年のプロ野球は広島の年だった。強いカープに対して泥だけになりながら精一杯ぶつかっていきたいです」と抱負を強く語りました。同会議ではルールの申し合わせのほか、予告先発の実施を確認。ファイターズは大谷翔平投手、カープはジョンソン投手が大一番の先発投手を任されることが決まりました。

レギュラーシーズン、クライマックスシリーズ、そして日本シリーズと今年3度目の開幕投手を務めることになった大谷投手は「緊張するかもしれないけど、いつも通り投げたい。明日はカープファンでいっぱいになると思うけれども、中継を通じて応援してもらえるとありがたい」と語り口は淡々としていましたが、静かなる闘志を感じました。また、2ホーマーでクライマックスシリーズMVPの中田翔選手は「今はまだワクワク。(大谷)翔平は普段通りに投げてくれれば、そう打たれるピッチャーではない。カープは足が使えてトータルで強いチームだけれども、試合が始まれば関係ない」と意気込みを語りました。世紀の一戦は明日18:30プレイボール。真っ赤に染まるマツダスタジアムに向けてぜひご声援ください。

チーム一覧へもどる ニュース一覧へもどる