2019/08/11(日)チーム

芦別市と苫小牧市でイースタン公式戦を開催

北海道日本ハムファイターズは8月10日(土)に芦別市民球場、8月11日(日)に苫小牧市とましんスタジアムで千葉ロッテマリーンズを迎え、イースタン・リーグ公式戦を開催しました。両日とも小雨の中、多くのファンの皆様にご来場いただき、見事2連勝を果たしました。

8月10日(土)芦別市

2010年、2011年の開催が雨天中止となった芦別球場では、今回も小雨が降るコンディション。それでも駆けつけた観衆2,647人の願いが叶い、8年越しのプレイボールとなりました。先発した北浦竜次投手は、初回から四球と安打で得点圏にランナー背負うも、粘投でスコアボードにゼロを並べます。「途中フォームが乱れたが、上手く修正できた」と徐々に調子を上げ、7回には3者連続三振。7回無失点の好投で一軍昇格に向けてアピールしました。その後、8回に先制されるも「たくさんの人が来ていて力になった」と北海道出身の福田俊投手が4者連続三振の好リリーフ。最終回、岸里亮佑選手の右前適時打で同点とし延長に持ち込むと、11回裏、押し出し四球でサヨナラ勝利を収めました。

試合前イベント

始球式

試合の様子

8月11日(日)苫小牧市

3年振りの開催とった苫小牧市とましんスタジアムでは前売り券が完売し、開場前から長い行列ができました。先発のルーキー生田目翼投手は過去最長の7回を投げ3安打3失点。リズム良く90球でまとめ「変化球でストライクがとれた」と収穫を口にしました。初めての北海道での登板に「ファンの声援が多く、やっぱりホームはいいな」と笑顔で振り返りました。打線は2回に5安打で3点を先制すると、その後も追加点を重ね14安打8得点。ヒットが出るたびに大歓声が沸き上がりました。5回裏にはダンスアカデミーのサマーキャンプに参加した62人の子どもたちが、「YMCA」のダンスを披露。3,889人の観衆が見守る中、道内遠征2連勝に華を添えました。

試合の様子2

試合の様子3

ダンスアカデミー発表

チーム一覧へもどる ニュース一覧へもどる