2017/12/11(月)コミュニティ

スポーツ・コミュニティin下妻市を開催

北海道日本ハムファイターズは、茨城県南西地域におけるスポーツを通じたエリアマネジメントプロジェクトの一環として、12月9日(土)、10(日)の2日間、屋根付多目的広場・Waiwaiドームしもつまにて、小中学生を対象にした野球教室やメディカルクリニック(肘検診)、保護者を対象にした指導者講習会や食育講座などを行うコミュニティ活動<スポーツ・コミュニティin下妻市>を総勢約350名の参加の下、開催いたしました。

野球の基本はキャッチボール
ゲームを取り入れ楽しく体力アップ
メディカルクリニック(肘検診)
指導者講習会
食育講座は母親も熱視線
北海道の味覚ジンギスカンも堪能

野球教室ではファイターズベースボールアカデミーの高口隆行コーチ、村田和哉コーチ、そしてファイターズOBで侍ジャパンU12コーチも務めた江尻慎太郎氏が特別コーチとして参加し、野球少年を指導した江尻さんは「野球は素晴らしいスポーツですので、辛いこともありますが今の楽しいと思う気持ちを思い出して、好奇心と探究心をもって取り組んでください」と熱の入った指導を行いました。全てのプログラムの終了後には、北海道を代表するグルメ・ジンギスカンで舌鼓を打ち、交流を深めました。イベントに参加した稲葉本治下妻市長は「ファイターズとのプロジェクトには非常に期待をしています。北海道と茨城県をつなぐプロジェクトとして発展し、今後も下妻市のまちづくり・ひとづくりに貢献していただきたい」と語っていました。
北海道日本ハムファイターズは、今後も本プロジェクトを通じて、茨城県南西地域の地域活性化に貢献してまいりたいと思います。

コミュニティ一覧へもどる ニュース一覧へもどる