2018/09/16(日)コミュニティ

稲葉SCOが北広島市の避難所を慰問

北海道日本ハムファイターズの稲葉篤紀スポーツ・コミュニティ・オフィサー(SCO)が、9月16日(日)、平成30年北海道胆振東部地震により避難所での生活を余儀なくされる北広島市大曲地区の避難所を慰問しました。安平町、厚真町、むかわ町への慰問、札幌ドームでの募金活動、そして今日の北広島市大曲地区への慰問と、被災された方々への激励を続けています。

避難されている皆さん一人ひとりに声をかけた稲葉SCOは、「皆さん心の中は本当につらいはずですが、明るく振舞ってくれています。少しでも元気に、1日でも早い復興ができるように、これからも一緒に頑張っていきたいと心の底から思いますね」と、思いを語りました。避難されている皆さんは「こんな風に声をかけてもらうことが、こんなに嬉しくて心が元気になるということを、初めて実感しました」と、訪問を喜んでくださいました。

被災されている皆様が1日でも早く落ち着いた生活に戻れることを、心より願っております。

コミュニティ一覧へもどる ニュース一覧へもどる