2020/01/12(日)コミュニティ

田中賢介スペシャルアドバイザーと立石アカデミーコーチが「きたえーるトップアスリートチャレンジ」で野球指導

北海道日本ハムファイターズの田中賢介スペシャルアドバイザー(SA)が、1月12日(日)に北海道立総合体育センター(北海きたえーる)で開催された「スポーツ応援米Presents きたえーるトップアスリートチャレンジ」で立石尚行アカデミーコーチとともに野球指導を行いました。
このイベントは小学校低学年120人を対象に一日で様々な競技を体験することで「スポーツの楽しさ」を体感してもらい、トップアスリートの指導により「スポーツを始めるきっかけづくり」をサポートすることを目的としたもので、公益財団法人北海道スポーツ協会の主催。北海道コンサドーレ札幌バドミントンチーム、ラグビーのクラブチーム・北海道バーバリアンズの現役選手とともにそれぞれの競技の基本動作や楽しみ方を伝えていきました。

野球指導の様子01

野球指導の様子02

田中賢SAらは実技に入る前に、小学生自身が使う古新聞製のボールづくりからレッスンをスタート。両方の手のひらでチューリップの形を作り、真上に放り投げたボールを捕球したり、ペットボトル製のバットで打ち飛距離を競うなど、経験のない子でも野球に必要な動作を身につけられるようメニューに工夫を凝らしていました。ティーボールの実演で観客席まで大飛球を飛ばし、大きな拍手を浴びた田中賢SAは「北海道は子どもたちの体力向上が課題ですし、アスリートが協力し合って改善に取り組むことはとても大切。僕自身も教えるスキルを磨いてどんどん貢献していきたい」と話していました。

野球指導の様子03

野球指導の様子04

集合写真

コミュニティ一覧へもどる ニュース一覧へもどる