2022/04/25(月)コミュニティ

5世帯のひとり親家庭に野球用具を寄贈

北海道日本ハムファイターズではこの度、ファイターズ基金を活用したスポーツ支援として、ひとり親世帯のお子さんを対象とした野球用具の寄贈を行いました。ファイターズとしてこのような支援活動は初めてとなります。

昨年12月から2か月の間にご応募いただいた北海道在住の5世帯に対し、グラブやバットなどそれぞれが希望する野球用具を70,000円相当ずつお贈りいたします。いずれも本人と保護者から、野球を始めたい、または続けさせたいという熱い想いを手紙でいただきました。

野球用具寄贈プロジェクト

4月10日(日)の東北楽天ゴールデンイーグルス戦では、そのうち札幌市在住の2世帯をご招待し、当の本人にはサプライズで寄贈セレモニーを実施、木村力丸くんと石垣航くんが田中賢介SAから野球用具を受け取りました。

寄贈セレモニー01

寄贈セレモニー02

後日、それぞれの保護者からは「中学校の野球部に入部しました」「毎日バットを振り回しています!」とご報告をいただきました。残りの3世帯へは希望用具のヒアリングが完了次第、順次お贈りいたします。今後も北海道日本ハムファイターズでは、野球を中心とした"する"スポーツの環境整備を通して、"Sports Community~スポーツと生活が近くにある社会~"の実現を目指してまいります。

コミュニティ一覧へもどる ニュース一覧へもどる